お知らせ · 2018/10/12
7月の個人セッションに引き継ぎ、10月22日、23日の両日、横浜のハートニクス様の心地良い場のエネルギーをお借りしての個人セッションをさせて頂ける事になりました。お申し込みは直接「ハートニクス」さまのホームページhttp://heartniks.comまでよろしくお願い致します。皆様とお会いできます事を楽しみにしております。
メッセージ · 2018/10/11
私達の中にもある様々なゆらぎ。ゆらぎの心地良さを私達は本能的に知っているように思う。今日も私達の細胞一つ一つまでぜーんぶ心地良くゆらいでいてくれますように。
メッセージ · 2018/10/09
社会に出てから素晴らしい師に恵まれて漢方を学ばせて頂いたのですが、薬剤師として次々と開発される新しい薬の山ほどの情報に焦っていた頃でした。漢方にめぐりあって良かったなと思うことが、知識以外にもあるのです。私の生き方に影響した事でもあります。 漢方は中国で生まれ、約2千年も前からとうとうと流れる大河のように、今も尚変わる事なく人々の病に貢献しています。太古の昔から現代に生き続ける漢方処方。それに気づいた時、「どんどんと新しいものが溢れる時代の中でも、それに振り回されて慌てなくても良い、走らなくても良い、ずっと変わらない大きくゆるぎないものがちゃんとある」と心が落ち着きました。「先ばかり気にして走っていた時は見えていなかったひっそりと道端に咲く可憐な花々。そんな景色も愛でながら、時にゆっくりと歩む生き方があっても良い」と感じたのです。新しいものも素晴らしいし、古いものも素晴らしい。スピードも必要、落ち着きも大切。動と静のバランスは大事ですね。
メッセージ · 2018/10/07
夜になると私達は綺麗な星々を見る事ができます。昼間はどうでしょうか。星々は太陽の明るさで見えなくなりますが、、見えてはいなくても、それはただ私達に見えていないというだけで、ちゃんとそこに星々はあり続けています。不生不滅、すべてはいつだって同時に存在していて、個としての私達はそれぞれの在り方から、その一片を観察しています。
日常 · 2018/10/06
自宅から車で一時間程のところに御創建から凡そ二千四百年、遠い万葉の昔から崇敬を集める越後一宮である弥彦神社があります。一般的に神社参拝の作法は「二礼二拍手一礼」ですが、弥彦神社では柏手を四度打つ「二礼四拍手一礼」です。より丁重に御神前を拝する心を表す作法として、伝えられています。一年に何度か訪れる心地良い神社なのですが、お参り後に必ずといって良いほど立ち寄るのが、境内脇のお土産屋さん。お店の中で旨味のじっくりと染み込んだおでんを頂くのが楽しみなのです。これからの季節は特に温かいお茶と熱々のおでん。。いいですよ~
メッセージ · 2018/10/01
身体は潜在意識の表れとも呼ばれています。一つの身体に多くの人格があり、瞬時に入れ替わる多重人格症(声も男性だったり女性であったり、幼かったり、年配者だったり、人格によって性格も変わり、時に話す言語までも入れ替わるのをTVで観た事があります)の症例で、Aの人格の時にはある疾患が、Bの人格の時にはみられず、人格が変わると肉体レベルで生理的、病理的にもほぼ瞬時に変化があるとの事。 意識が変わると同じ身体であっても病にも変化が起こるという事ですよね。ただ通常私達の意識はこのようには急激に変化したりはしないものですから、穏やかな変化にはなるのでしょうが、意識のちからの可能性というのは大きいですね。
メッセージ · 2018/09/23
この世に来た時をイメージしてみる。セラピーでは、よく胎児期のトラウマとして恐怖や不安の感情が出て来たりはするのだけれど、何があったにせよ、もっともっと根本にあるものを思い出してみる。するとお母さんのお腹に居れるというだけで愛に包まれていた。愛されている・・嬉しいという原初の感覚。そして生まれ出てから、今こうして生きているという事実からも、やっぱり何があったにせよ、抱えきれないほど多くの愛に満たされて生きている。まるで水の中に住む動物達が、当たり前過ぎていつも水に包まれている事を忘れてしまうように、ことさら意識さえしなくなってしまいがちだけれど、実はいつだって沢山の愛に包まれて生きている。ありがとうございます。
メッセージ · 2018/09/21
ハイキングや遠足で素敵な自然の景色を眺めながらのお弁当、いつもと違って美味しく感じますよね。 まわりの(場の)エネルギー(氣)もプラスして頂いているからなんですね。更に場に影響する要因のひとつは人の氣。誰と食事をするかではないでしょうか。 ヒーリングに関しても同じように、場のエネルギーは大切。場が出来ているとそれだけで、癒されますね。
日常 · 2018/08/29
気功を初めて学んだのは、漢方の学びをして程なくでした。樹林気功の先生「樹仙」こと今田求仁生氏の気功合宿に参加させて頂き、漢方とはまた違った概念に触れる事が出来ました。 気功をする事で、 「精錬化氣」精を練って氣と化す。 さらに気功を重ねて 「錬氣化神」氣を練って神と化す。 といわれています。 私達の身体には 「精」という物質的要素のエネルギーと「氣」という、この場合は狭義の心と身体の生命エネルギーと「神」という高次元意識エネルギーがあるとしており、この「神」から先もあります。 これは、逆方向ルートもあり、「神」が「氣」を生み、「氣」が「精」を生み出すとあります。要はこの3つはお互いに関連しているのです。 どちらのルートでもありですが、その人の選択次第という事なのです。 気功を取り入れた生活は私のエネルギーヒーリングにも関係する事でもあり、歳を追うごとに魅力的です。
日常 · 2018/08/27
この「なるようになりますように」をおすすめの本としなかったのは、残念な事に絶版となっている本だからです。沖縄に家族で旅行した時の事です。当時国際通りにあった喜納昌吉氏のライブハウス「もーあしびチャクラ」を訪ねた時、丁度久しぶりに本土から戻った喜納氏が出演しますよと言われましたが、子供達がまだ小さくて夜更かしは無理。ライブは諦めてホテルに帰る事にしたのですが、そのライブハウスのロビーで、この本と出会いました。著者の池田氏と当時少しだけですが、やりとりもさせて頂きました。20年以上前のものですので、既にシミだらけですが、いつも事あるごとに読み返していて、力を頂いております。このブログを読んでくださっている方にも内容を少しですが紹介したいと思います。以下本文より・・・●地球は『統合』をコンセプトにおそらく2000年ぶりの大変革期を迎えています。●ところで、社会や自分の周りで様々な混乱は起きるかもしれませんが、不安や恐怖が起きても、すぐに「これは、もっと良くなるために起きている」という事を確信し、自分に言い聞かせ、とにかく心の底から安心することが大切です。●安心こそ、解決を創造します。・・・

さらに表示する